胆嚢は肥満を防止するのか

肥満の原因の一つにストレスがあります。不眠症の人は充実した眠りが得られないので、ストレスが溜まって肥満になることがあるようです。不眠症になると不健康で痩せ細るようなイメージが強いですが、そうではないようです。快適な睡眠を目指して不眠症を改善してください。ところで胆嚢は肥満を防止するのか?どうなのか?ハッキリしろっと言いたい。 胆嚢は胆汁の供給量を調整し、消化を助ける。すると摂取されたカロリーは良く消化され体内に吸収される。そこで、消費されない分は脂肪として蓄えられる。どう考えても肥満につながる。やはり大昔、食糧が十分でなかった時代、効率的にエネルギーを蓄えようとするメカニズムの一環としての存在らしい。つまり現代では必要のない臓器なのだという結論になる。しかし、近い将来食糧難になるとまた存在意義を主張できる日が来るのか?そんなことよりも私にとって深刻な問題となっているのは、数年前からどんどん太り始めて、今ではすっかりメタボ体型になってしまい、遂には糖尿病であることまで発覚したことなのです。太ることに関しては中年だから仕方ないとあまり気にもしていなかったのですが、5年前に行われた会社の健康診断で、糖尿病と診断され、すぐに痩せるように医者から言われたのです。糖尿病はいろいろな合併症の危険性があり、何としても治そうと思い、今はダイエットを頑張っているところです。

マインドガードDX